一眼カメラ撮影の基本

一眼カメラの仕組みを把握するためにも、
実力をつけるためにも、
マニュアルモードで撮影してみるようにしましょう。

まず、、
写真撮影の「三大要素」は、
1:絞りF値
2:シャッタースピード
3:ISO

この3つを調整しながら、“露出”の調整をします。
つまり、”光”を操ります。
オートでは、これをカメラが自動調整してくれますが、
より自分が求めている写真に近づける為に、
これをマニュアルで調整することが有効。

1:絞り(F値)

絞りバネの調節により、光を取込む量を調節します。
ネコの眼に例えると、わかりやすいです。
暗いところでは、眼がまん丸になり、光を多く取込もうとします。これは、F値を低くしていき、絞りバネを開く状態。
明るいところでは、眼が細くなります。これは、F値を高くしていき、絞りバネを狭める状態。

デフォルトで一眼カメラについているレンズは、F値が、4とか5くらいまでしか下げられないものが多いですが、
単焦点レンズなら、1.8とかまで下げられ、光を多く取込み、明るい写真が撮れます。

そして、明るさ以外にも、
F値を調整することによって、“ボケ”具合も調整できます。

F値を下げて、開放にすればするほど、背景をボケさせることができます。
F値を上げて、絞ると、背景がボケず、すべてクリアに映ります。

2: シャッタースピード

シャッタースピードとは、
シャッターを開いている時間の長さのことでして、
別の言い方をすれば、カメラのイメージセンサーに光を当てる時間の長さ。

シャッターは、撮影をしていない時は閉じており、
撮影の時だけ開けて光をイメージセンサーに当てます。

イメージセンサーは、
フィルムカメラで言うところのフィルムに当たる部分。
カメラの とっても重要な部分です。

シャッタースピードが一番影響を及ぼすのは、
露出(明るさ)。

晴れた日の日中などは、光が十分にあるので、
シャッターは短い時間だけ開けば十分ですが、
暗い場所では、ある程度長く開いて(シャッタースピードを遅くして)、
光を十分に取込む必要があります。

明るいところで、長く光を取込むと、
真っ白な写真になってしまいますw
<白飛び>

また、シャッタースピードは、
写真のブレにも大きく影響します。

動いている人、
走っているクルマ、
水道や滝の水、
などなど、動いているものは、
そのスピードに合わせて、シャッタースピードを速めれば、
ブレずに撮ることができます。

アーティスティックな演出をするために、意図的にブレを活用する方法もあり、
シャッタースピードを遅くして撮ることにより演出できます。
<スローシャッター>

▲こんな感じで、クルマのライトが線になり、光の川のような演出ができます。

▼下記記事参照。
https://shun.network/carlight-shutterspeed20180802/

煙や花火などを迫力ある演出で撮る時にも有効。

こんな感じでスローシャッターで撮影する際、
三脚も必要になってきます。

シャッターを長く開けている分、
カメラがブレてしまうと、
写真は、動いてないものまでブレてしまうので(笑、
カメラを固定する必要がありますね。

3: ISO感度

ISOとは、
“International Organization for Standardization(国際標準化機構)”の略で、
ISOが定めた国際規格。
カメラ内のセンサーが光を受ける感度を数値で表したもの。
露光、明るさの調整を行います。

フィルムカメラの時代には、
フルムごとにISO感度が割り振りされていましたが、
デジタルになった今の一眼カメラでは、一つのカメラ内で数値を自在に変更できます。

ちなみに、
フィルムカメラの時代には、
ASA(アメリカ規格)と、DIN(ドイツ規格)があったのですが、
これらを統合して、ISO(国際標準規格)ができました。

明るいところでは、ISO感度を下げ、
暗いところでは、ISO感度を上げます。

ただ、ISO感度を上げていくと、
ノイズが出て、ザラザラした感じになるので、
程よいところでの調整が大切。

暗めなところで撮影する際、
明るくしようとすると、
「シャッタースピードを下げるか、ISO感度を上げるか」
どちらにしようかと迷うことがあります。
シャッタースピードを下げれば、(演出ではなくて)ブレるリスクが出るし、
ISO感度を上げれば、ザラつくリスクがでる、
ブレるか、ザラつくか、、、究極の選択w

=============
なお、オートでも、
一部分だけ自分で設定するモードもあり、
・A or AV(絞り優先モード)
:「シャッタースピード」と「ISO」はカメラが自動設定し、「絞り」だけ自分で設定するモード。

・Sモード
:「絞り」と「ISO」はカメラが自動設定し、「シャッタースピード」だけ自分で設定するモード。
というものもあります。
いきなりマニュアルで撮る前に練習する際などに活用。
=============

ホワイトバランス

写真撮影の「三大要素」(絞り・シャッタースピード・ISO感度)は、“光”の調整をするものでしたが、
ホワイトバランスは「色」の調整を行います。

通常、AWBでいいかも。

ケルビンの値で調整

=============

思い通りの位置にピントを合わせるには、
AF枠を選択できるボタンを操作し、
ファインダーをのぞいた際に表示される点の中から、
赤いランプを点灯させて選びます。