LARME的?

「CHEERZ BOOK」(チアーズ ブック)

昨夜は、アイドル応援アプリ・CHEERZ(チアーズ)を運営するフォッグ株式会社にて打ち合わせ。

アレコレお話し、書籍出版のお話になった時、
「CHEERZ BOOK」(チアーズ ブック)を見せていただいた。

「CHEERZ BOOK」(チアーズ ブック)

書籍まで出版なさるようになったことに感心すると同時に、
この本のテイストにも「なるほど〜」と思った。

女性にも男性にもウケるテイストなのだ。
この絶妙なところをCHEERS BOOKはツイてると思った。

CHEERZの参加者はアイドル、つまり、10代〜20代前半の女性がメイン。
一方、ファン層は男性がメイン。

ファン受けのみを狙って作ろうとすると、
いわゆるグラビア雑誌のようになりがちで、
掲載される女の子にとって、掲載にノリ気でない方も出るかもしれないが、
このテイストなら、積極的に掲載を希望するのではないだろうか?

いわゆる「LARME」(ラルム)的テイスト。

赤文字系雑誌のように男性に媚びず、
かといって、青文字系のような清楚な感じでもない。
自分の美学を追求し、快楽を追い求めている。

AKB48というよりも、乃木坂46。
それも、少し背徳的な乃木坂。

そんな雰囲気を感じる。

「LARME」の”謳い文句”、
「甘くて、かわいい(はぁと) 女の子のファッション絵本。」の世界。

「小悪魔ageha」の場合、「見られる」ことに軸が置かれているのに対し、
「LARME」には、自己陶酔のような感覚を感じる。

「自我をなくし、快楽に浸る心境」とでも言う感覚。

この感覚って、
少し以前に流行った「ビジュアル系バンド」にあったものに通じるかも。
「ビジュアル系バンド」では、主体が男性で、
ファンの女性は、その世界観に憧れる立ち位置だったのが、
「LARME」では、女性自身が主体となって耽美な世界に溺れられる。

ずっと以前から女性の潜在的意識の中にあったものの、
その出口がなかった欲求にフォーカスし、
出口を見せてあげた「LARME」の功績は大きいと思う。

だからこそ、
出版不況と言われる今の時代に、20万部超もの異例の発行部数を誇っているのだろう。

それに、
アイドルや女優たちに、「どんな雑誌やメディアにでたい?」と聞くと、
「LARME!」と答える子が多いことからも、その人気が伺える。

ビジュアル系バンドの代表格・L’Arc~en~Cielの通称、「ラルク」と、
響きが似ている点も、スムーズに浸透した要因かもしれない。

このテイストが女の子に流行っている現象、
BUCK-TICKの耽美な世界観が好きな私にとっても嬉しい限り。

このテイストに、ダンスやロックを組み合わせて、
MARS SUBMARINEを運転していくのもイイかも、
そんなふうにも思う。

それから、
男性から見た視点も組み合わせながら進めたいなと。