“消費者のモノを預かる”スタイル

従来の発想の企業は、
モノを消費者に売ろうとしてきた。

21世紀を迎えた今、
激化する競争の中、
そのスタイルは 大変な割に儲からない、
そんなビジネスになっているのではないだろうか?

一方、
私の場合は、
消費者にモノを売ろうとするのではなく、
「消費者のモノを預かる」スタイルが成功しやすい、
と思っている。

ここでは、もはや消費者なんてコトバも
適切ではなくなってきているわけだが。

とにかく、
人って自分自身のことが一番好きだし、
大切なもの。

だからこそ、
その自分自身を預かってくれる人を
大切にする。

ちょっと比喩的な表現になってしまったが、
「消費者のモノを預かる」スタイル、
実は、アチコチで見られるようになっている今日この頃。