BASS GUITAR(ベース)での「パッシブベース」と「アクティブベース」の違いについて

エレキベースには(エレキギターも同様)、「パッシブ」と「アクティブ」の二つが存在します。ベース本体に「プリアンプ」を内蔵しているかどうかで区分けし、内蔵していないものが「パッシブベース」、内蔵しているものが「アクティブベース」と呼ばれています。

わかりやすい見分け方としては、パッシブベースでは、つまみがボリューム/トーンのみのコントロールですが、アクティブベースでは、ボリューム/ベース/ミドル/トレブルなど、細かい設定ができるようになっているところでしょうか。また、アクティブベースでは、電池稼働するため、ボディの背面に電池ボックスがあるところなども、見分け方の一つ。

近年、なぜ「アクティブベース」が増えてきたのか、というと、ライン音で出力してレコーディングやライブをする方が増えているからではないでしょう。アンプのスピーカーから出力される音をマイクでひろうアンプ音タイプなら、アンプ側で音をいじればいいわけですが、ライン音の場合、ベースで出力された音そのものがキーになってくるので、その段階で好みの音色にしたい需要がでてくるので。

なお、パッシブベースは、ベース本体の木材の質などの影響を受けやすく、アクティブベースでは、そこに左右されない傾向もあります。

ベースアンプに接続する際、「パッシブベース」と「アクティブベース」で入力先が違うケースもあります。

たとえば、HARTKE ( ハートキー )

上記、向かって左側のINPUT(インプット)の部分。